頭痛の症状軽くみていませんか|生活に支障がでる前に治療しよう

女性の医者

頭が痛む場合には

医者

専門クリニック内容

頭痛が起こっていると、思うように活動することができなくなってしまいます。ドラッグストアで購入した鎮痛剤を服用してやり過ごしている人が多いですが、頭痛の種類によっては市販の鎮痛剤が全く効かない可能性がありますので、注意が必要です。たまに鎮痛剤の効き目が悪いからといって、1回の服用量を多くしたり服用回数を増やしたりする人がいますが、薬剤誘発型の頭痛を引き起こしてしまうおそれがありますので、安易な素人判断は避けるようにした方がよいです。一番望ましいのは、早めに医療機関を受診して適切な治療を受けるようにするという方法です。ただし、内科等を受診するのではなく、頭痛の専門クリニックを受診するようにした方がよいです。先程少し触れましたが、一口に頭痛と言っても、様々な種類のものがあります。種類ごとに痛みが発生する原因が異なっていますので、効果がある治療方法も当然異なってきます。頭痛のことをあまりよく知らない医師に診てもらっても適切な治療を受けられない可能性が高いので、専門クリニックを利用するようにした方がよいです。専門クリニックを受診すれば、頭痛の種類を見極めてもらった上で最善の治療を受けることができます。

セルフケア

頭痛のせいで仕事や家事に支障が出てしまっていても、忙しくてなかなか医療機関を受診することができないという人が少なくありません。そのような場合は、まず自分でできるセルフケアを実行して、症状の軽減を図るようにするとよいです。ただし、間違った対処法を続けていると症状を悪化させてしまうおそれがありますので、時間が取れ次第、専門医に診てもらうようにすることが大切です。市販の鎮痛剤を飲むと一時的に痛みが収まるという場合は、緊張型頭痛である可能性が高いです。緊張型頭痛は、首や肩、頭部などの筋肉の過緊張が原因で発症しますので、それらの部位を温めて、筋肉の緊張をほぐしてやるようにするとよいです。また、体を動かすと痛みが軽くなることが多いので、ストレッチなどの軽い運動をしてみるのも効果的です。緊張型頭痛は、長時間同じ姿勢を取り続けることが原因で起こることが多いので、痛みがあるからといって体を動かさないようにするのは逆効果になってしまいます。もちろん、痛みを押してまで無理にハードな運動をする必要はありませんが、仕事でパソコンを長時間使う人は、適度に休憩を取って体を動かすようにするのが望ましいです。ただし、偏頭痛の場合は痛みが起こる原因が全く違っていますので、頭が痛くなった場合は安静を保つようにするのが一番です。