頭痛の症状軽くみていませんか|生活に支障がでる前に治療しよう

男性の医者

頭が痛む場合には

医者

頭痛が起こるたびに市販の鎮痛剤を飲み続けていると、薬剤誘発型の頭痛になってしまう可能性がありますので、注意が必要です。病院に行く時間がないからといって素人判断で市販薬を飲み続けるのは危険ですから、早めに病院を受診して適切な治療を受けるようにした方がよいです。

View Detail

抑えられる痛み

看護師

頭部にズキンズキンとした拍動性の強い痛みの症状が起こることを、偏頭痛と呼びます。偏頭痛の痛みを市販の鎮痛剤で抑えることはできませんので、辛い痛みが起こっている場合は、早めに病院へ行って治療を受けるようにした方がよいです。

View Detail

頭の痛みの対処

頭痛

頭の痛み

頭部に痛みの症状が現れる原因は様々ですが、最近増えてきているのは、パソコンやスマホの使いすぎで起こる重い肩こりや首こりが原因で頭部に痛みが発生するケースです。頭をギューッと締め付けられるような痛みだとか、頭に鉄兜をかぶせられたような痛みだと表現する人が多いですが、この症状のことを一般的に緊張型頭痛と呼んでいます。頭部周辺筋肉の過緊張が原因で引き起こされる痛みですので、患部を温めて血の巡りをよくしてやることによって痛みがおさまることが多いです。体を動かさずに安静を保っていると、逆に筋肉の緊張が高まって痛みが強くなってしまうことがあります。ですので、頭が痛いからといって寝込んだりせず、軽い運動を行って全身の筋肉をほぐしてやるようにすることが大切です。ちなみに、この緊張型頭痛には市販の鎮痛剤がよく効きます。 その一方で、市販の鎮痛剤が全く効かない種類の頭痛もあります。それは偏頭痛という名前で呼ばれている頭痛なのですが、脳内の血管が拡張することによって発生する炎症性の痛みです。脳内の血管が拡張する原因が特定されているわけではありませんので、治療は痛みを抑える対症療法が中心になります。ズキンズキンと脈打つような強い痛みが発生することに加え、めまいや吐き気などの副症状も起こるため、寝込んでしまう人が多いです。偏頭痛の場合は、緊張型頭痛とは異なり、暗くて静かな場所で安静を保つようにする必要があります。

痛みの種類

たとえば風邪をひいた時に、風邪の症状の1つとして頭痛が起こることがよくあります。一昔前までは、頭痛のことを、原因疾患から派生する副症状の1つにすぎないと考える専門家が少なくありませんでしたが、近年になり、他の疾患の有無とは関係なく、頭痛の症状だけが単独で発生するケースが多いことがわかってきました。つまり、原因疾患の治療を適切に行えば頭の痛みも自然におさまっていくはずだという従来の考え方が成り立たなくなってきたのです。そのため、頭が痛むという症状を独立した疾患の一種と捉えた上で、その治療方法の研究が行われるケースが増えてきました。 一口に頭痛と言っても、痛みが引き起こされる原因によって痛みの症状の現れ方が変わってきます。また、原因が異なっていれば、その治療方法も変わってくるのが当たり前です。昔は、痛みの種類に関係なく、一般的な鎮痛剤で対処しようとする医師が多かったのですが、今は頭痛にも様々な種類のものがあることが明らかになっているため、症状に応じた治療が心がけられるようになっています。都市部においては、頭痛治療だけを行う専門クリニックも登場してくるようになりました。ストレスが多い現代社会では、慢性的な頭痛の悩みを抱えている人の数が意外なほど多くなっています。専門クリニックの増加がきっかけとなって、これまでは専門的な治療を受けていなかった潜在的な患者が医療機関を受診するケースが増えるだろうと予想されています。

痛みを我慢せず前向きに

草原に座る女性

いつやってくるか分からない頭痛に怯えながら暮らしている方は病院を受診して治療を受けましょう。原因に応じた対処方法や処方薬で突然の痛みも我慢せず乗り越えることができます。頭痛の不安を解消して充実した生活を送りましょう。

View Detail

頭に出る痛み

寝転ぶ男性

頭痛はその症状の現れ方によって3種類に分けることができます。その種類ごとに対処方法が異なっていますので、頭が痛む場合は、どの種類の頭痛なのかをまず考えてみるようにした方がよいです。とはいえ、安易な素人判断は危険ですから、早めに病院で治療を受けるのが望ましいです。

View Detail